AMR-180 フレームの組立て 記者:越後巧

目次

フレームの組立て

今回は組立てシーンをご紹介いたします。
基本的な設計は完了しており、衝突センサー、ウインカー、スピーカー、緊急停止装置といった周辺機器の接続方法の確認を行います。

協力会社の会議室にて

確認が完了し、現場におりて作成に入ります。
部品は既に入庫済みですが、組立て前に最終確認をします。

部品確認が終わると、組立に取りかかります。

組立てがひと段落すると、運行管理用のNVDIA「Jetson Orin Nano」との接続テストを行います。

周辺機器の接続テストも行います。
周辺機器はアナログ制御の為、デジタルIOユニットを介して通信テスト行います。

一通りテスト走行ができるまで組立てが完了しましたので、動画にてご紹介いたします。

引き続き開発シーンをご紹介したいと思います。

目次